×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遮光カーテンとは?

一人暮らしを始めてから、気になりだした遮光カーテン。防犯上外から見て明かりがついているのがわかるのも嫌だな〜と思い遮光カーテンをつけることにしました。最初は何が良いのかわからずに友達や親に相談したところ遮光カーテンは1級とかの等級があることがわかりました。
遮光カーテンは中の明かりを外から見えないようにする遮光カーテンの生地の織りを密にするタイプとポリウレタン樹脂をコーティングする遮光カーテンタイプこの2種類の方法で遮光カーテンは中の明かりを外へ通さないようにしているみたいです。
その他遮光カーテンは光を通さない壁みたいなものなので、冷暖房にも効果があるみたいです。遮光カーテンのことはわかったのですが、1級とかの等級とかも調べました。

遮光カーテンには1級〜3級まで等級がある

遮光カーテンの1級は見ての通り遮光カーテンの中でも一番良いものです。遮光カーテンの1級は、部屋の明かりをまったく通しません。部屋にいるのかいないのかがまったくわからないということです。遮光カーテンの最高のものはそれなりに値段があがりますが、ホームセンターなどを見たりネット上で遮光カーテンの1級を探した中で、良いな!と思ったのが通販カタログのニッセンとかが安いように感じました。それと普通に売っている遮光カーテンでサイズがあえば良いのですが、結構サイズがまちまちです。
なのでオーダーの遮光カーテンの方が良いと思います。オーダー遮光カーテン1級のできるだけ値段が高くないものを探したいものですが、防犯上などを考えれば少し高くても納得できるようなきがします。

冷房効果をアップさせる遮光カーテン

遮光カーテンは外から部屋の明かりが見えないようにするはもちろんですが、遮光カーテンの1級の場合は壁がひとつできてしまった感じになるので、冷暖房にも効果があるみたいです。少しでも部屋の冷暖房が抑えられれば省エネといった感じで、電気代も少し下げられて良いと思います。
でも通常遮光カーテンを締めるのは、夜なので冷暖房を抑えるとしたら遮光レースカーテンも必要になります。夏場は特に紫外線などがすごくきになりますので遮光レースカーテンもあった方が良いと思います。この遮光レースカーテンは高濃度のセラミックを使った特殊な糸で作っているものが多く、紫外線は90%熱線は40%ぐらいカットしてくれるものもあります。

Copyright © 2009 遮光カーテンの選び方